●お骨の引っ越し(改葬)

■田舎にあるお墓・・・これから自分が面倒見るんだけれど遠方でなかなかお参りに行けない。近くにお墓があれば、いいんやけど・・・。ほっておくと無縁墓になって、処分されてしまいます???心配しないで下さい。ご遺骨の引越しが出来るんです改葬って難しくないです

■遺骨を現在埋葬されている場所から、別のお墓に移すことを「改葬」といいます。転勤や家族の事情で引越しした時に、故郷にあるお墓も持って行きたい方が多いです。改葬は難しい事ではありません。
普通の埋葬・納骨と変わりませんので、是非、相談窓口の村上まで相談下さい。



✿一般的な「改葬の手順」

法的な作業 1. 旧募地を所有する役所で「改葬許可申請書」をもらいます。 遠方の場合、 郵送もしてもらう事ができます。
※最近では市役所のページからダウンロードもできます
※役所とは各市役所の環境課・市民課の事ですが、各自治体によって管理が違いますので、まずは代表窓口に電話して、遺骨の改葬について窓口を問い合わせ下さい。
2. 移転先の墓地(新規購入墓地…宇治市営墓地)の管理者が「受入証明書」を発行します。
※受入証明書は墓所が確定し、永代使用の契約がすんでいないと発行されません
※自治体によって受け入れ証明書が必要でないところもあります。
3. 「改葬許可申請書(市役所発行)」に必要事項を記入します。
※埋葬予定の方のお名前と死亡日の記入があります。
※受け入れ先に「宇治市天ヶ瀬墓地公園」と記入下さい。
4.旧墓地の墓地管理者にお願いして、改葬許可申請書に捺印を頂きます
※寺院墓地の場合、そこのご住職に捺印を頂く事になります。
※事前に改葬する旨を先方にお伝え下さい 。
5.旧墓地の役所に「改葬許可申請書」を提出し、「改葬許可書」を交付してもらって下さい。(確認印を押されるだけの自治体もあります。)
※「改葬許可申請書」 → 確認印 → 「改葬許可書」とかわります。
※「受入証明書(宇治市営墓地発行)」を添付します
墓石か
遺骨だけか
1.墓石を移転先に移すか、処分するか決めてください。※遠方であれば墓石の移転は高くつきます。また移送中に損傷する事もありますのであまりすすめられません。古い墓石は風雨にさらされていますので、墓石が欠けることが 頻繁に起こっています.
※墓石を移転する場合、別途、ご相談下さい
依 頼 昔からのお墓にお骨が入っている場合
1.旧墓地の閉眼法要を営みます。(おしょうねをぬくといいます)
※旧墓地の墓地管理者・寺のご住職に依頼して下さい。
お骨をあげていただきます→旧墓地・墓石の処分を依頼します。処分費は地域によって様々です
墓所は整地して、お返しするのが約束になっています
2.移転先(宇治天ヶ瀬2.墓地公園)にての法要の日取りを決めてください。お墓はすでに建っていますか?市営墓地事務所に用紙は提出してありますか
3.納骨および法要には上記「改葬許可書」と「墓地永代使用許可書」と「ご遺骨」を用意下さい。
4.新しい墓所にご先祖様をお招きするわけですから、開眼法要と納骨京を営むことをお勧めします